僕ならこう読む

著:佐藤優

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「小説を読むことは、読書力をつける最短コースである」──。『羊と鋼の森』、『火花』、『沈黙』、『堕落論』など、話題のベストセラーや名作の読み解きを通して、佐藤流の“小説を深く読む技術”を大公開。優れた本には現代社会の潮流や普遍的な人間心理など、さまざまな意味が内包されていることがわかります。そして、読書でいくつもの人生を仮想体験すれば、この混迷の時代を生き抜く力になります!

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/21Posted by ブクログ

      難しい本には二つの種類がある。第一は、読んんでも意味のない難しい本だ。
      第二は、読む価値があるが、そのための準備が必要とされる本だ。

    • 2017/09/16Posted by ブクログ

      本書の中で取り上げられている小説の登場人物への洞察が深く、「ああ、これはあの人に当てはまるなあ」と私の周りにいる人たちを想像しながら読めました。紹介されている小説で何冊か読んでみたいと思うものがあった...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/03/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード