ソ連という実験 ──国家が管理する民主主義は可能か

松戸清裕

1,705円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

    社会主義国家ソ連は、計画経済を行っていたが、すべてを「国家」が運営しきることはできず、「社会」との協働を模索していた。また、「一党制」でありながら、民意をまったく無視して政治を行うことはできず、民意のくみ取りに多大な労力を費やしていた。それらの試みは、どのように行われ、どのように失敗に終わったのか。歴史上最大規模の「実験」の実態を豊富な資料と内側からの視点で描く異色のソ連史。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード