【最新刊】お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ

お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代~現代史」にガサ入れ

著者:大村大次郎

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    信長は金融改革でデフレ解消。龍馬はニセ金で倒幕資金を調達。歴史上の「謎」のほとんどは、「お金の動き」で説明できる!※本書は2016年3月に小社より刊行された同名の単行本を、文庫化にあたり再編集したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/15
    連載誌/レーベル
    中経の文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • お金の流れで読む...
      2020/12/14

      源泉徴収制度は実に悪しき仕組みで税務署の仕事を会社にやらせた上で、サラリーマンから納税意識を失わせる効用がある。第二次世界大戦中のナチスドイツが導入し、それに続いたのが我が日本である(1940年/昭和...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード