【最新刊】誰が殺した? 日本国憲法!

誰が殺した? 日本国憲法!

1冊

倉山満

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「そもそもこの本を書こうと思いたったのは、日本の未来を考えるには、やはり憲法から考えるべきだろうとの想いからでした。日本国憲法の条文を守るか変えるかという次元の、使い古された話をするつもりはありません。本当の意味での憲法を考えてみたいのです」――<本書より>

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.6
    5
    5
    3
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/26Posted by ブクログ

      日本国憲法の成立過程における真相、最高裁の不備、東大憲法学の真相、日本式平和主義の問題点、日本国憲法の問題点とそれに伴う、現代日本政治の混迷の原因、などについてかなり突っ込んだ内容が、かなり噛み砕いて...

      続きを読む
    • 2013/07/29Posted by ブクログ

      とっつきにくかった日本国憲法をどのような経緯でつくられ現在に至ったのかが良くわかる。この本は憲法について、なんでそうなったかについての原因についてまで掘り下げているので大変わかりやすい。

    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      憲法は条文に書かれてあることだけではなく、憲法の精神と運用が大事。
      憲政の常道は政権担当能力がある野党があって初めて成立する。

      なるほど~!
      日常生活でも明文化されてないんだから何やってもいいじゃな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード