黄砂の籠城 (下)

松岡圭祐

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    超人気作家、乾坤一擲の歴史エンタテインメント! 東えりか(書評家)―日本は世界の先陣を切って漢人キリスト教徒を義和団から救出したが、西太后は宣戦布告を決断し、公使館区域からの24時間以内退去を通告する。沿岸部からの援軍も到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に4000人の外国人とキリスト教徒の命は風前の灯火となる。誇り高き日本人必読の歴史エンタテインメント。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    38
    5
    7
    4
    16
    3
    12
    2
    0
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/08/16Posted by ブクログ

      3.9 後半は、惹きつけられるようなハラハラドキドキの連続。どれが、史実でどれが創作なのかわからなくなる。歴史とは、勝者がつくるものといっているのがよくわかる。教科書では1行で終わる史実がこんなに奥深...

      続きを読む
    • 2019/06/26Posted by ブクログ

      日本は漢人のキリスト教徒を救出しますが、西太后は突然宣戦布告し、公使館区域からの24時間以内の退出を通告します。
      援軍はなかなか到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に、4000人の外国人とキリスト教...

      続きを読む
    • 2019/05/14Posted by ブクログ

      歴史的にその重大さを見過ごされがちな義和団事件について、物語を通して深く肉薄できたことは嬉しい。だが、日本の偉大さを掲揚したいという著者の思惑が、主人公や登場人物の台詞の端々に感じられ、内容の深さを誇...

      続きを読む
    開く

    セーフモード