【最新刊】黄砂の籠城 (下)

黄砂の籠城

無料あり

3冊

松岡圭祐

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    超人気作家、乾坤一擲の歴史エンタテインメント! 東えりか(書評家)―日本は世界の先陣を切って漢人キリスト教徒を義和団から救出したが、西太后は宣戦布告を決断し、公使館区域からの24時間以内退去を通告する。沿岸部からの援軍も到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に4000人の外国人とキリスト教徒の命は風前の灯火となる。誇り高き日本人必読の歴史エンタテインメント。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • 黄砂の籠城 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      黄砂の籠城 全 3 巻

      1,408円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    3.5
    71
    5
    13
    4
    27
    3
    25
    2
    1
    1
    5
    レビュー投稿
    • 2020/01/28Posted by ブクログ

      清の時代に起きた義和団事件で、清に取り残された日本人をはじめとした各国外国人の戦いを描いている。がっつり戦争もののはずなのに、エンターテイメントとして面白く、最後まで勢いよく読めた。松岡さんは義和団事...

      続きを読む
    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      義和団事件。教科書では数行でしか語られないこの事件の詳細を知らずに生きてきたことを今、後悔している。

      本作の特徴は、東交民巷という限られた空間に籠城し、徐々に陣地が削られていくハラハラ感とそこで生じ...

      続きを読む
    • 2019/12/31Posted by ブクログ

      戦闘の激しさや援軍が来ない不安なんかは、史実に基づいていると分かっていても、あまりに過酷で逆に作り話かと思うぐらいだ。
      作中で日本人の真面目さや規律正しさが欧米人に褒められると、普通のことなのにと思う...

      続きを読む
    開く

    セーフモード