純喫茶「一服堂」の四季

東川篤哉

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    鎌倉にひっそりと佇む喫茶店「一服堂」の美人店主・ヨリ子は極度の人見知り。だが未解決事件の話を聞けば、態度は豹変、客へ推理が甘いと毒舌のつるべ打ち。そして並外れた思考力で、密室内の「十字架」磔(はりつけ)死体など四つの殺人の謎に迫る。愛すべきキャラクター、笑い、衝撃トリック満載の傑作短編集!

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    16
    5
    2
    4
    2
    3
    8
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      純喫茶の女性店主の安楽椅子探偵モノとくれば思わず手が伸びてしまうもの…と手に取って読みはじれば…
      良く言えば作者の茶目っ気を存分に楽しめる一冊。

    • 2019/07/13Posted by ブクログ

      東川さん、やっぱり好きです!四季、ということでそれぞれの季節に起こった事件なんだけど。ユーモアたっぷり、そしてほっこり。ゴリゴリのミステリーを読んで疲れたあとに、東川さんで癒されてます!

    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      表紙や文章の軽さの割に、結構エグい事件が起きてる。笑
      トリックは中々豪快…
      表紙の期待値よりは下回ってしまったかな。

    開く

    セーフモード