誉れ高き勇敢なブルーよ

本城雅人

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    惨敗したW杯から三年。苦戦する日本代表を立て直すため、新たな監督探しを託された望月は、かつてマスコミのリークで契約に失敗した過去を持つ。サッカー協会、記者、代理人、選手――複雑な思惑が渦巻くなか、タフな交渉を続ける望月だが、妨害の裏には驚くべき黒幕がいた。迫真のスポーツサスペンス! 「W杯の勝敗の裏に、これだけの熾烈な闘いがある。そのドラマにすっかり魅せられた」――セルジオ越後<サッカー解説者>

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    0
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/16Posted by ブクログ

      ちょうど2018年ワールドカップ開催の時期に読んだ。
      しかも日本代表の監督が解任され、西野さんが監督に。
      そして日本代表のチャレンジが終わり、すぐに紙面に出る次の監督候補の記事。
      本誌が2014年に出...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/01/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/05/13Posted by ブクログ

      「球界消滅」では球団が消滅する危機に立ち向かう球団フロントを、「嗤うエース」では野球賭博をめぐるエースピッチャーと刑事との人間ドラマを描いた本城氏がサッカーを題材に描くのは日本代表の監督選考をめぐるド...

      続きを読む
    開く

    セーフモード