世界で一つだけの殺し方

深水黎一郎

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    10歳の少女が両親と訪れたのは、不思議な現象が次々と起こる街だった。そこで奇怪な殺人事件が。(「不可能アイランドの殺人」) 動物園でのピアノ・コンサートの最中に象が暴れ、飼育員が死亡した。事故と思われた出来事の真相とは?(「インペリアルと象」) 2つの怪事件に「芸術探偵」が挑む! 『最後のトリック』『ミステリー・アリーナ』でミステリ界を席巻中の奇才による究極のトリック!

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/10Posted by ブクログ

      ミステリーではないけど、普通のミステリーでは出てこないようなトリックが面白いもので、物語として楽しく読むことができた。
      それぞれの説明が細かいので好みはわかれそう。

    • ネタバレ
      2017/05/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/03/25Posted by ブクログ

      科学もピアノも割と好きなので楽しく読めましたが、興味ない人に瞬一郎君の薀蓄はつまらないのでは(そういう人はそもそも読まないか)。
      トリックは薄々察しがつくもののちょっと変わっててまあ面白いのですが、作...

      続きを読む
    開く

    セーフモード