車いすはともだち

城島充

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    車いすに乗ってなんにでも挑戦する子どもたち、使いやすくてかっこいい車いすをつくる大人たち、スポーツの世界でがんばるアスリートたちの3つの世界から、生活をともにする「ともだち」としての車いすを描きます。2020年のパラリンピック東京大会を前にして、子どもも大人もぜったい読みたい、心がバリアフリーになるンフィクション作品です。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/13Posted by ブクログ

      素敵な表紙。
      このような本、情報がいつも身近にあることが必要だと思いました。
      背表紙の言葉もとても気に入っています。

    セーフモード