あせらず、たゆまず、ゆっくりと。

赤木春恵

1,056円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    93歳の女優が見つけた人生の幸せやはり、心に正直でいること、なんですね。わかっていても難しいこの生き方を、大正、昭和、平成と赤木さんは選んでこられた。『主演・脚本・監督・赤木春恵』。正直な生き方と、その心で紡がれた、美しき「読む映画」です。 福山雅治ドラマ『3年B組 金八先生』の校長役や、『渡る世間は鬼ばかり』の姑役、2011年公開の映画『ペコロスの母に会いに行く』では、2013年ギネス世界記録(世界最高齢での映画初主演女優)に認定されたと同時に、毎日映画コンクール女優主演賞にも輝いた芸能界の重鎮、赤木春恵も今年(2017年)3月14日で、93歳の誕生日を迎える。本作は、少女時代から現在まで、女優として、妻として、母親として、一人の人間としてその時々に出逢った、「勇気づけられた言葉」「励まされた言葉」「支えられた言葉」そしてかけがえのない人たちを綴っていく……後進の女性たちを勇気づける啓発の書といえよう。「これらの言葉、そして人たちなくして今の私はいない」という、著者の心をふるわせ、糧となった数々の言葉と周囲の想い。経験したことのない高齢化社会を迎えたいま、老後を豊かにする心の栄養として、また人生を生き抜く羅針盤として、智恵として、必ずや手元に置いておきたい一冊となることだろう。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード