AI(人工知能)まるわかり

著:古明地正俊 著:長谷佳明

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆最新のAIを駆使したソフトが、プロ棋士を打ち負かしたり、AIが関わった小説が星新一賞の第一次審査を突破したりと、AI(人工知能)という言葉を新聞で見ない日はありません。さらには、AIが金融や人事、教育などの具体的場面に登場し、ビジネスマンのみならず、一般の人の関心も高まっています。本書では、AIの全体像と世の中へのインパクトをコンパクトに解説します。◆今回のAIブームは、正確には第3次ブームで、「深層学習」という技術がポイントになります。簡単にいうと「大量のデータからAIが自分で関係性や特徴を割り出し、判断・行動する」というもの。AIが人間の能力をこえるとされる2045年の世界を俯瞰し、AIに関する技術やそれによって起こるビジネス・生活上の変化について、いくつかの章を使って解説します。日本にとってこれからどんなチャンスがあるのかにも触れます。◆著者は、野村総合研究所で同分野の調査にあたっているエキスパート。AIに関する類書は、その技術面にフォーカスを当てたものか、社会の変化をおどろおどろしく書いたものがほとんどで、全体像を解説したものはほとんどない状態。「話題のAIが何なのか、ざっくり知りたい」というニーズに応えます。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    7
    5
    0
    4
    5
    3
    0
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      基本的な知識を得ることができる一冊である。でも2017年発刊であることから、少し内容も古い感じがある。

    • 2019/05/03Posted by ブクログ

      ディープラーニングの実効性が実際のプロジェクトによって証明され、様々な用途に適用されるようになっている。
      本書は、そういったAI/機械学習について、毎年まとめられる『ITロードマップ』の執筆に参加する...

      続きを読む
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      AIの最新情報を俯瞰し、今後AIがどのように発展していくかを見ていくのに参考となる本。2017年時点の入門レベルの知識としてはかなりまとまっていると思う。

    開く

    セーフモード