子どもと一緒に知る 「がん」になるってどんなこと?

著:林和彦

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    今やがんは死にゆく病気ではなく、ともに生きる時代となりました。子どもたちにがんの正しい知識を教え、いのちの大切さを考えさせることを目的に、今年から学校教育として、「がん教育」が全国で一斉に始まります。この本では、がん専門医・東京女子医科大学センターの林和彦教授が「がん教育」のために教員免許を取得し、教壇に立っていることを1冊にまとめました。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/05/22Posted by ブクログ

      がん体験者の家族として、いろいろ思い当たりました。
      がん教育が一般化され、普通なことになるのを望んでます。

    セーフモード