黒い蝶は死を運ぶ2 絞め殺しの木

著:大門剛明

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    由惟が「いのちの電話」の相談員になって3カ月。相談員になるには専門の講義を受けなくてはならず、長い研修期間がある。その講義には費用がかかるが、相談員には給料は出ない。完全なボランティアで切実な相談に応じる。いい加減な対応をして、相手が死を選ぼうものなら一生もののトラウマだ。まさにハイリスクノーリターン。こんな制度でよく50年近くも続いているが、相談員には自殺者を救いたいという強い思いを持った者が多い。だが今回、由惟が出た電話の内容がいつもと違っていた。殺人を告白する電話だったからだ。しかもその殺人事件の被害者というのが……。美貌のバイオリニストの周囲に漂う死の香り。横溝正史賞受賞作家が新境地を切り拓いたサスペンス・ミステリ!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード