おやすみ、リリー

スティーヴン・ローリー 翻訳:越前敏弥

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    その日が来ることを、ぼくは認めたくなかった――老犬を、見おくる、ということ。たくさん泣いたあと、心の温度が3度上がる本。 12歳のダックスフント、リリーと二人暮らしのぼく。ある日、ぼくはリリーの頭に小さなタコが張りついていることに気付く。その日から、あたりまえの日常は終わりをつげ、帽子のような“それ”とリリーとの奇妙な生活が始まる。日に日に弱ってゆくリリーのそばで、ぼくは彼女を守ることを誓う。でも、本当はわかっていた。その日が来ることを、ぼくは認めたくなかったのだ―― ■いきなり白状しよう。小説の翻訳の仕事をはじめて二十年近くになるが、訳出作業の途中で涙がこぼれたことは二回しかない。一回目は、エラリー・クイーンによる名探偵ドルリー・レーン四部作の最終作『レーン最後の事件』のラストを訳していたとき。そして二回目は、この『おやすみ、リリー』だ。どの場面だったかは、あえて書くまい。実は何か所がある。悲しいというより、命の尊厳、そして生きることにまつわる真実の核心に突きあたった気がして、涙が止まらなくなった。犬も猫も飼ったことのない自分がそんなふうになるなんて、まったく思ってもみなかった。そういう作品、自分にとって記念すべき作品を訳す機会が久々に訪れ、日本の皆さんに広く紹介できることをうれしく思っている。(訳者あとがきより)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード