【最新刊】暗手(馳星周インタビュー収録)【無料試し読み特別版】

暗手

無料あり

著者:馳星周

0円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【本書は、2017年4月26日配信開始の『暗手』冒頭が読める、無料試し読み小冊子です】台湾のプロ野球で八百長に手を染め、罪から逃れるために次々と殺しを重ねた加倉昭彦。居場所を失い、顔も名前も変えて過去を抹消、逃れ着いたのはサッカーの地イタリアだった――。イタリアの黒社会では、殺し以外の仕事なら何でも請け負い、いつしか「暗手」――暗闇から伸びてくる手――と呼ばれるようになっていた。そんなある日、サッカー賭博の帝王・王天から、中堅チームに所属する日本人ゴールキーパー・大森怜央に八百長をさせろとの依頼が舞い込む。計画実行に向けて着実に準備を進めていく加倉だったが、大森の姉の写真を目にしてから過去の記憶がよみがえり、計画の歯車が狂い始める……。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/12
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    15
    5
    3
    4
    8
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/03Posted by ブクログ

      【4.5点】3.11以来すっかりヌルくなってしまった馳星周の面目躍如ともいうべき作品は、初期の暗黒ノワールである「夜光虫」の続編であった。勿論前作を読んでいるに越したことは無いが、読んでいなくとも十分...

      続きを読む
    • 2017/07/22Posted by ブクログ

      馳ノワール炸裂!暗黒小説の真髄ここにあり!ただ綾にはガッカリした。自分で万が一人殺しでも構わないと言い、高中にも後悔するぞと言われた時に後悔しないと言ったのにあの憎しみようったらないね。まぁ気持ちが逆...

      続きを読む
    • 2017/11/09Posted by ブクログ

      夜光虫の続編。ノワール。救いようのない世界間を味わいたくて久々に読んだら16年前に読んだ「夜光虫」の続編だった。暗手の中に見え隠れする人間らしさが読んでてハラハラさせる馳ワールドを十分堪能出来た。満足...

      続きを読む
    開く

    セーフモード