「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識

著:高橋洋一

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「年金が危ない」と煽り立てて得をしている人々がいる! 財務省、厚労省、金融機関がひた隠す、年金の「真実」とは? 多くの人は国の「年金」に不安を抱えています。「もらえなくなるのではないか」「損をするのではないか」「破綻するのではないか」…。しかし、それは「誤り」だと、著者は明快に喝破します。そもそも「年金」とは「保険」であり、その性質さえ知っていれば、すべてわかるし、ダマされることはないのだ、と。そもそも、東大の数学科を出て大蔵省に入省した著者は、大蔵省の中で年金のことがわかる数少ない人材の一人でした。それゆえ、厚生省と対決したことも……。そんな経験をふんだんに交えながら、年金の本質について、明確かつ面白くズバリと指摘していきます。では、なぜいま財務省や厚労省は「消費税を上げなければ年金は危ない」「資金運用しなければ未来はない」などと危機を煽るのでしょうか。答えはカンタン。そこに各省庁の「利権」があるからです。そうわかって見ていくと、これまで見落としていたことばかり。自分の未来図が明るくなる、目からウロコの「年金論」決定版です。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    8
    5
    1
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      【由来】
      ・図書館の新書アラートの後、大学の図書館で見つけた。

      【期待したもの】
      ・年金について幾ばくかの知識を得られるのであれば。

      【要約】


      【ノート】
      ・年金は保険、40年払った保険料と...

      続きを読む
    • 2018/05/06Posted by ブクログ

      高橋さんの本はみんな淡々と描かれていて、本当かよと思うんだ。なんか、クラスみんなであーだこうだって言ってる時に、一人だけ別なことやってて、突然変なこと言い出す奴みたいな。

      多分、問題を物凄く簡単に切...

      続きを読む
    • 2017/10/30Posted by ブクログ

      年金とは何ぞや?
      年金の問題とは?
      が よく分かる良書、読んでよかった

      平易に分かり易くファクトに基づいて書かれた本書によって 年金に対する 無知であったり、
      誤解していたことが たくさんあったこと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード