すごい立地戦略 街は、ビジネスヒントの宝庫だった

著:榎本篤史

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ●最強セブン-イレブンの立地戦略はやっぱり最強だった! ●立地戦略の視点から見たユニクロとドン・キホーテの共通点は? ●丸亀製麺の人気を支えるのは「子ども」!? ●今後、生き残る飲食は「多業態」? 【営業職や、街歩きが好きなビジネスパーソンにおすすめ】本書を読むと、ただの移動や散歩が、戦略図を読み解くビジネスヒント探しの旅に変わります。街には業界最先端のビジネスモデルや戦略が詰まっており、各業界のスリリングな勝負の様相がはっきりと見て取れます。「なぜコンビニがある通りにまた別のコンビニができるのか」「なぜコインパーキングは欲しい場所にないのか」などの素朴な疑問が解けると同時に、「港区と足立区、出店したらどっちが儲かる?」「大阪と京都の立地戦略が難しい理由は?」等、初めてでも絶対ハマる立地戦略の話を、3万件の調査実績をもつ店舗開発のプロフェッショナルが語り尽くします。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/12Posted by ブクログ

      街の中はただ偶然に出来上がってるわけではない。
      ビジネスに論理があるように、街にもそこじゃなきゃダメだという立地がある。

      セブン、ユニクロ、居酒屋などなど客が来所する場所の具体例を上げながら、立地の...

      続きを読む
    • 2018/03/15Posted by ブクログ

      「戦略」の内容=立地選定におけるロジックについては素人目にみても納得するもので、常識を覆すようなものはなかったという印象。しかしかながら、その「戦略」を実行に移すことこそが肝なのでしょう。セブンイレブ...

      続きを読む
    • 2017/11/25Posted by ブクログ

      ロードサイド、運転者の入りやすさ・停めやすさ・看板。コンビニ業界、街のニーズに合わせたローソン・場所ありきのセブン・ガテン地域のポプラ。飲食店、街の性質・昼と夜・立地・チェーン店。顧客誘導施設やオンリ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード