「うつ」にならない習慣 抜け出す習慣

著:小野一之 協力:石田淳

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    もしかして「うつ」かもと思っているあなたに読んでほしい――――。ストレス社会。誰もが大なり小なり、悩みを抱えている。中には、ひどく落ち込む人もいるだろう。医師会と製薬会社は、こういう人たちに、「うつは心の風邪。誰でもかかりますが、お薬ですぐ治ります」という「キャンペーン」をはった。その結果、精神科の敷居が低くなり、気軽に通院できるようになった。では、それでうつは減ったのか。むしろ急激に増えたのである。「うつ」と診断され、抗うつ薬や睡眠薬をどんどん処方された人は、少しも良くならず、むしろ薬の副作用に苦しんだ。ここ20年ほどの間に、うつ病、適応障害などの人は2倍、3倍にも増えたと言われる。そのなかには、深刻なうつ病ではないのに、「軽症うつ」「新型うつ」などと、病名を与えられた人も多い。とくに1999年に認可されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、「魔法の薬」のように言われたが、むしろ患者数を増やした。今では、「うつの多くは一種の生活習慣病」という見方をされるようになった。薬だけでは治らないのだ。長年「軽いうつ」と言われて、すっかり薬漬けになり、今の不調や落ち込みが「うつ」からくるものか、薬の副作用か、運動不足(うつになると動きたくなくなる)などによるものか分からなくなっている人も多い。あなたの病気は、うつではないかもしれない。冷静になってみよう。うつにならない、うつから抜け出すには生活習慣を整えればいい。しかし、落ち込んでふさぎ込んでいる人は、何もしたくない。「軽い散歩で気晴らしを」といわれても、散歩を習慣化することができない。そこで、習慣化に定評のある「行動科学マネジメント」の考え方をうつ予防に活かそうというのが、この本の考え方だ。気が滅入って引きこもる→外出しないから体力が落ちる→ますます疲れやすくなる→全身倦怠感、疲れやすさなどのうつの症状が強くなる→だるいのでなお、外出したり人に会わなくなる……。まさに「うつのスパイラル」である。これを断ち切るヒントがいっぱいなのが、本書である。うつは、つらい。しかし「悩み」は病気ではないのだ。うつから抜け出すには、ほんの少し頑張って習慣を変えなければならない。それは、苦しい作業かもしれないが、薬だけでは、うつは治らない。ストレスがたまり、「このままでは、うつになってしまうかもしれない……」と不安に思っていないだろうか。でも心配はいらない。対処法さえ間違わなければ、うつはそんなに深刻な病気ではないのだ。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード