増量 日本国憲法を口語訳してみたら

著:塚田薫 監修:長峯信彦

480円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    憲法改正論議が、またもや再燃しそうな気配。「日本人として一度は日本国憲法を読んでおくべきだと思うけど、意味わかんなそうだし!」というあなたに朗報。「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。知らないと国民として損することもあるから要注意。エラい法学部教授もチェックしてるから、内容もお墨付き!

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/08/10Posted by ブクログ

      憲法初心者にとっても易しい文章で、憲法を楽しんで知ることが出来たと思います。これまであまり憲法に興味を持ったことがなかったけど、書店でたまたま見かけて手に取ってみた本でした。憲法ってこんな事が書いてあ...

      続きを読む
    • 2019/11/19Posted by ブクログ

      口語訳が砕けすぎているというレビューを読んで少し不安だったが、まあ許容範囲内ってかんじ。

      これまでは憲法といえば中学校の公民の授業のイメージもあって、少し難しい印象だったが、この本を読んで少し憲法に...

      続きを読む
    • 2017/08/25Posted by ブクログ

      試みは大変面白いが、文章が幾ら何でも砕けすぎているのが、残念。口語ならともかくスラングはいただけないなあと。

      コラムでは、憲法は国家権力を縛るという立憲主義や、憲法が、生まれてきた王政から議会への歴...

      続きを読む
    開く

    セーフモード