放課後図書室

麻沢奏

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    君への想いを素直に伝えられたら、どんなに救われるだろう――。真面目でおとなしい果歩は、高2になると、無表情で掴みどころのない早瀬と図書委員になる。実はふたりは同じ中学で“付き合って”いた関係。しかし、それは噂だけで、本当は言葉すら交わしたことのない間柄だったが、果歩は密かに早瀬に想いを寄せていて…。ふたりきりの放課後の図書室、そこは静けさの中、切ない恋心が溢れだす場所。恋することの喜びと苦しさに、感涙必至の物語。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/15Posted by ブクログ

      麻沢奏さん初読みでした。
      もぉ…高校時代、青春っていいですね(//∇//)❤️
      果歩の性格が昔の自分みたいですっごく感情移入しちゃったけど
      さすがに早瀬くんみたいな人はいなかったなぁ

    • 2019/01/08Posted by ブクログ

      おっさんが読む本ではないと思いながらも学生時代を思い出しながら読んだ。
      この歳になって恥ずかしくなりながら読むのはしんどいことがわかりました。

    • ネタバレ
      2018/03/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード