ハーバードで喝采された日本の「強み」

山口真由

1,144円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    二極対立思考法、ハーバード流交渉術、人種問題、LGBT問題……東大首席元財務官僚が学んだ、ハーバード白熱教室の実態! 2015年夏から1年間、ハーバード・ロースクールに留学した著者。本書では、実際に学んだハーバードの授業のエッセンスを紹介しながら、アメリカという国が抱える根深い問題も明らかにしていきます。なぜトランプ大統領は選ばれたのか? そして混迷する国際社会の中で、日本が持つ「強み」とは?これからの時代を生き抜くうえでの知見とヒントをくれる、必読の書です。―まえがきより―2016年春のその日、私は、ハーバードの教室で、クラスメイトからの盛大な拍手に包まれていた。世界の秀才が集まるハーバードで、私は日本の文化について発表した。そして、クラス中から、日本文化の先進性について惜しみない称賛を受けたのだ。確かに、アメリカという国は素晴らしい。大統領選で象徴的だったように、共和党と民主党の二大政党制は、対立軸を分かりやすく際立たせる。けれど、それは同時にアメリカという国が抱える限界でもある。そして、私のプレゼンテーションが喝采を浴びたのは、日本文化の中に、この限界を超える可能性が隠されているからだ。そう、ハーバードで学んだのは、日本こそが世界の最先端ではないかということだった。※電子版特典として本文中に使用している写真はカラーです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード