【最新刊】訪問者

訪問者

恩田 陸

641円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    急死した映画監督・峠昌彦の親友・井上は、湖を一望する山中の洋館を訪ねた。三年前、昌彦を育てた実業家朝霞千沙子が不審死を遂げた湖だ。館には「訪問者に気をつけろ」という不気味な警告状が届いていた。死んだはずの「大おばちゃま」の姿を見たと主張する少女。そして冬の雷が鳴る中、新たな死体が……。やがて残されたシナリオから浮上してきた意外な真実とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/31
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2013/06/25Posted by ブクログ

      久しぶりに恩田陸を読みました。
      恩田陸らしいクローズドサークルミステリ。
      彼女の作品で言うとちょっと「木曜組曲」を彷彿させます。

      謎が謎を呼び、伏線らしきことが複数張られ、
      読み進めずにはいられない...

      続きを読む
    • 2012/06/28Posted by ブクログ

       新進気鋭の映画監督が死に、彼が幼少期をすごした山荘に、訪問者がやってくる。
       山荘は、資産家の持ち物で、その女主人も謎の死をとげている。

       まぁ、タイトルでどうしても、萩尾望都さまの「訪問者」を思...

      続きを読む
    • 2015/09/01Posted by ブクログ

      趣向としては木曜組曲に非常に似ています。
      つい先日亡くなった映画監督の峠昌彦と三年前に亡くなった朝霞千沙子が中核となり枝葉が広がっていく物語構成。
      幼少期に昌彦を大変かわいがっていた朝霞家の面々の思い...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001733959","price":"641"}]

    セーフモード