【最新刊】神様が降りてくる(新潮文庫)

神様が降りてくる(新潮文庫)

白川道

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「フィル・トムスをご存知ですね」収監された過去を持つ孤高の作家・榊の前に現れたのは、囚人仲間フィルの娘、里奈だった。親と子ほど年の離れた二人は強く惹かれ合い、フィルが残した謎を探るべく、共に沖縄へと向かう。そこで待ち受けていたのは、葬られた戦後沖縄の真実と、当時を生きた若者たちの哀しき物語だった。全身全霊を捧げた愛。壮絶な運命。白川ロマン、ここに極まる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/04/21
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/11/06Posted by ブクログ

      これが遺作になるなんて。もう白川道の小説が読めないなんて本当に悲しい。わたしが好きな作家ってなんだか急逝することが多い気がする。ほんと残念。
      初期のころの作品の方が好みだけど あまあまの作品も白川通ら...

      続きを読む
    • 2017/02/18Posted by ブクログ

      沖縄の辛い時代のことが少しだけわかる。
      命が狙われるような切迫した状態なのに、物語はあっさりと順調に解決へと進み……。
      最後の最後にこういう終わりかたかぁ……、ちょちょやるせないね。

    セーフモード