聖地会議 VOL.13

著:聖地会議柿崎俊道

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。JTBコミュニケーションデザイン コンテンツツーリズムの今 <対談相手> 古関和典 株式会社JTBコミュニケーションデザイン JTBピクチャーズ マネージャー 2016年春、JTBコミュニケーションデザインという会社が設立されました。JTBは4、5年ほど前から聖地巡礼・コンテンツツーリズムに取り組んできました。しかし、それは各部署の各人の働きによるものでした。JTBコミュニケーションデザインの設立は、それがいよいよ組織として本格的に始めるぞ、という狼煙です。 今回、対談したのは渦中のJTBコミュニケーションデザインの古関和典さんです。古関さんはJTBのなかで精力的に聖地巡礼・コンテンツツーリズムに取り組んできました。今後はJTBコミュニケーションデザインとして、聖地巡礼・コンテンツツーリズムをさらに力を入れて推し進めようとしています。 旅行業最大手であるJTBは一体どのようなことを考えて、聖地巡礼・コンテンツツーリズムに関わろうとしているのか。 「聖地会議13」ではそこをしっかりと聞いてきました。 聖地巡礼・コンテンツツーリズムに関わるすべての人にとって必読です。 ・地域へのロケ誘致と地域の観光地化 ・映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』  柳津町は3度盛り上がる ・B級グルメとプレイスメント ・観光地ではない場所を観光地に ・リバイバル上映とコンテンツツーリズム ・権利処理は企画段階から! ・コンテンツツーリズムには乗り越える力がある

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード