【最新刊】日本国召喚 六 激動のムー大陸

日本国召喚

6冊

みのろう/toi8/高野千春/高松良次(編集協力)

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    対グラ・バルカス帝国戦、舞台は陸へ。敵味方の思惑が、入り乱れてゆく 2万km先の遠き隣人を守るため、日本がついに動く。 バルチスタ沖海戦で世界連合艦隊を降し、 勢いを増すグラ・バルカス帝国。 しかしその裏、オタハイト沖、マイカル沖において、 派遣した別働隊がムーと日本の海上戦力によって 完膚なきまでに壊滅させられていた。 だがグラ・バルカス帝国海軍上層部がこの敗戦結果を、 詳細不明を理由に軍中枢や政府上層部に共有していなかった。 レイフォル州の帝国外務省出張所を訪れた日本国外務省の朝田は、 ムーを侵略した場合、全力で撃滅すると警告するが、 帝国外務省の報告も軍部へ適切には伝わらず、 陸軍がムーの都市アルーへの侵攻を開始してしまう。 第二文明圏の空と大地で、破壊と秩序の炎が燃え上がる――

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/21
    連載誌/レーベル
    ぽにきゃんBOOKS
    • 日本国召喚 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日本国召喚 全 6 巻

      6,600円(税込)
      66pt獲得

    レビュー

    4.3
    6
    5
    2
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/03Posted by ブクログ

      なかなかグラバルナス帝国とは本戦に臨まないのね。
      思わせぶりぶり、長過ぎない?
      あんまり引っ張ると飽きられるよ。
      何事も思い切りが大事。

    • 2018/09/10Posted by ブクログ

      初めて日本軍が全く活躍しなかった。
      敵が強いのは判るが、イントロ長すぎないか?
      しかも捕虜が殺されて日本国民が激昂するところは前と一緒。話が長くなってマンネリに陥ることだけは無いように願いたい。

    • 2018/08/14匿名
      よくある異世界転移ものじゃなかった!

      リアル日本の弱点である、食料自給率の低さと資源不足などを
      反映させたり、魔法&竜のファンタジーと科学技術の現実性が
      とても面白かったです。

    開く

    セーフモード