【最新刊】BT’63 (下)

BT’63

池井戸潤

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    呪われたトラックBT21号の運転手4人が次々と殺され、史郎が精魂を注いだ新事業も立ち行かない。すべては闇の住人、成沢が仕掛けたことだった。愛する鏡子まで成沢の罠に陥り、史郎は苦悩の選択をする――。一方の琢磨は、現代に残っていたBT21号を手に入れる。「物語」のすべてがつまった圧倒的大作。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/31
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸
    • BT’63 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      BT’63 全 2 巻

      1,496円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • 2014/07/05Posted by ブクログ

      2003年に刊行された「BT'63」を文庫化するにあたって分冊した上巻。

      この本の特徴をひとことで言えば、「池井戸潤らしくない!」。もちろんいい意味で言ってます。

      著者の多くの作品は、銀行を中心と...

      続きを読む
    • 2018/04/07Posted by ブクログ

      上下巻読み終えてのレビューです。
      現代2000年時に1966年生まれの大間木琢磨34歳と1963年時琢磨が生まれる前の父親大間木史郎の二人が主人公。史郎は5年前1995年に亡くなっているのだが、現代の...

      続きを読む
    • 2014/07/05Posted by ブクログ

      ついに下巻に突入!

      いよいよ謎が明かされるかと期待して読み進めれば、謎がさらに新たな謎を呼ぶ展開。続きが気になって気になって、そろそろジムに行く時間なのに途中でやめられません…。

      ってことで、ジム...

      続きを読む
    開く

    セーフモード