【最新刊】果つる底なき

果つる底なき

1冊

池井戸潤

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう! 第44回江戸川乱歩賞受賞作

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/31
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    317
    5
    30
    4
    131
    3
    130
    2
    24
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/01/20Posted by ブクログ

      江戸川乱歩賞受賞作品。本書の読みどころは銀行の内幕情報小説としての面白さ、
      銀行の職制、人間関係、銀行と企業の取引関係、銀行と銀行員のすべてがわかり
      やすく描かれてます。そして主人公が事件の真相解明に...

      続きを読む
    • 2019/11/24Posted by ブクログ

      池井戸潤さんの江戸川乱歩賞受賞作のデビュー作は著者入魂の金融殺人ミステリーの傑作ですね。主人公の銀行員・伊木遥はクールで出世欲とは無縁の地味な男ですが、いざとなれば実力を発揮してソフトなだけでなくハー...

      続きを読む
    • 2019/11/05Posted by ブクログ

      あらすじ
      「これは貸しだからな」。謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった…。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード