【最新刊】『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ

『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ

1冊

著者:角野栄子

1,628円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    家の壁のほとんどを占めるたくさんの本棚。大好きないちご色の壁。長年の日々の台所仕事で得た、かんたんおいしい十八番のメニュー。カラフルなメガネやキャンディみたいなリング。ビビットなカラーのワンピース。『魔女の宅急便』をはじめ多くの児童文学の名作を生み出してきた、作家角野栄子の美しい暮らしをあますことなく紹介する一冊! 五歳で母をなくし、戦争と終戦も体験。二十四歳でブラジルに移民として渡り、世界中の人々と知り合った。現在八十二歳の角野栄子は言う。「魔法は一つ。すべての人が、必ず持っているのよ」人生を明るく、色鮮やかにいきていくための『衣』『食』『住』のレシピ集。電子限定特典「未収録写真」付き。

    続きを読む
    ページ数
    139ページ
    提供開始日
    2017/03/29
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4.3
    13
    5
    5
    4
    7
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/24Posted by ブクログ

      女性なら、こんなふうに歳を取りたい って
      思う人は 多いはず。

      自分を知っている。
      自分を持っている。
      チャーミング。

      苺色の壁に 家中に本棚。

      苺色は 置いといて‪w
      たくさんの本棚、いいなぁ...

      続きを読む
    • 2019/09/05Posted by ブクログ

      『魔女の宅急便』の著者、角野栄子さんのフォトエッセイ。ブクログのレビュアー様の感想が素敵で、手に取りました。前回図書館で借りた時は、体調が悪くて読まずに返却。今度こそはと楽しみにページを開きました。
      ...

      続きを読む
    • 2019/08/06Posted by ブクログ

      着るものにしても、本棚にしてもいい色だなぁ
      好きなものを揃えたり、絵を描いたり
      鎌倉散歩 ポルトガル旅行
      自由なイメージですね

    開く

    セーフモード