じっちゃ先生とふたつの花

著:本田有明

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏休みにぼくはブロック塀に向かってボール投げをしていた。大魔球を投げたつもりが、塀を越えて家のガラスを割ってしまった。そこで出会ったのが、じっちゃ先生だった。じっちゃ先生は前に学校の先生をしていたそうだ。おじいさん先生だから、ぼくはこうよぶことにした。それからじっちゃ先生は、ぼくがガラスの弁償代としてあげた100円でふたつの鉢植えを買ってきた。どっちの花も枯れそうだったけど、じっちゃ先生は、枯らさない競争をしようと言った。そして、しあわせの花1号、2号と名前をつけた。じっちゃ先生は、カブトムシも触れないし、キャッチボールもできない。山登りの時はぼくがお尻を押してあげた。魚釣りも初めてだと言った。でも、じっちゃ先生からもいろんなことを教えてもらった――。仲の悪い両親と暮らし、学校ではいじめられている健太。じっちゃ先生との出会いによって成長していく姿を描いた夏の物語。小学校高学年から。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/08/19Posted by ブクログ

      じっちゃ先生と僕のひと夏の物語です。

      転校を繰り返し、行く先々でいじめにあい、

      家庭では両親の仲があまりよくない。

      そんな僕は一人、壁に向かってボール投げをしていた。

      そのボールでガラスを割っ...

      続きを読む
    • 2010/01/30Posted by ブクログ

      近所のブロック塀でひとりボール投げをしていた小学生の健太。そのボールでガラスを割ってしまい、その家の老人と知り合う。
      お詫びにおこづかい325円とカブトムシを持っていくが、おじいさんはカブトムシが苦手...

      続きを読む
    • 2018/01/03Posted by ブクログ

      東京から引っ越してきた主人公は、東京でも引っ越し先でもどうもいじめられている様子。
      一人で壁当てをしていたところ、誤ってボールがそれて「じっちゃ先生」の家のガラスを割ってしまう。
      仲の悪い両親、いじめ...

      続きを読む

    セーフモード