モンスター (1) モンスターの眠り

エンキ・ビラル 翻訳:大西愛子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2026年、ナイキ・アッツフェルドは驚異的な記憶力で過去を蘇らせ、自分が生まれた1993年、戦火のサラエヴォでの出来事を思い出す。生後数ヶ月で出会った同じ境遇のふたりの孤児、アミールとレイラのこと、生涯ふたりを守りぬくと誓ったこと。さまざまな宗教が覇権を争う時代、ナイキは離れ離れになったふたりを探しに行く。レイラは今や有能な宇宙物理学者で、人類の未来に大きな影響をもたらす可能性のプロジェクトに関わっている。一方アミールはかつてサッカーのゴールキーパーとして鳴らしていたが、今では科学、文明、思想の三つを抗争の柱に掲げる国際テロ組織の手先となっている。3人は意図せずして地球規模の闘争に巻き込まれるが、この闘争を陰で操っているのが「モンスター」という謎の人物だった。エンキ・ビラルは世界的に有名なバンド・デシネ作家、及び映画監督。「モンスター」は彼の代表作と言える傑作。第一部は1997年に発表され、10年余りの歳月をかけ、2006年にようやく完結。9.11の同時多発テロ事件、急進的な宗教団体の台頭、異常気象などを暗示するようなシーンに驚くとともに、独特の幻想世界に堪能するばかり。エンキ・ビラルは鮮やかに既存のマンガとSFのコードに挑戦し、新たな可能性を示す。第1部「モンスターの眠り」。

    続きを読む
    • モンスター 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      モンスター 全 4 巻

      2,640円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2011/03/03Posted by ブクログ

      さまざまな日本の漫画家に今なお影響を与えているであろう人。
      全編カラーなので、食いでがある。

      絵はすごく好きだけれど、
      話はよくわかっていない。

      いずれまた読もうと思う。

    • 2006/12/13Posted by ブクログ

      これも絵がヤバカッコいいんだけど、ストーリーがわけわからん。文字を絵のように扱っている気がするんだけど、文字は文字として扱っていただきたい。

    • 2009/01/25Posted by ブクログ

      漫画が続くが今度はバンド・デシネ。『ティコ・ムーン』のエンキ・ビラルの作品。なぜか大友克洋が監修している。短編だったのでもうちょっと長く読みたかった。カラーのペイントなので描くのが大変そう。

    開く
    [{"item_id":"A001730332","price":"660"}]

    セーフモード