【最新刊】警察手帳(新潮新書)

警察手帳(新潮新書)

古野まほろ

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    警察ほどおもしろい組織はない――三〇万人もの警察職員はどのような仕事をしているのか? 刑事とはどんな人か? 警察手帳の中身は? ドラマとの違いは何? そもそも警察官になるには? 待遇や昇進の条件は? 警察庁とは何か? キャリアとノンキャリアの関係は? 警察キャリア出身の作家だからこそここまで書けた、徹底的にリアルな巨大組織の掟と人間学。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/24
    連載誌/レーベル
    新潮新書

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      ミステリ小説を読むのに、警察のことを知っておいた方が良かろうと思い、読んでみた。堅い説明なのかと思ったが、期待を裏切る面白さだ。民間の会社組織と対比させながら、警察組織について、面白おかしく語っている...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      ■予断:先入観を持たずに,そのモノの声を聴くこと。疑問があれば徹底的に解消し,誰にでも説明できるようにすること。刑事,警察官とはいっても,社会人の仕事の基本はやはり変わりません。
      ■内務省三訓:人を愛...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      警察内部の仕組みを、分かりやすい例え、本音と建て前で解説しています。
      身近であるが謎の組織という印象の警察ですが、やっぱり人間の集まりなんだな、という感想を持ちました。
      階級の話は普通の会社組織でもあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード