私たちはどうかしている 3巻

私たちはどうかしている 3巻

光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。椿は七桜と部屋をともにすると宣言。肌を重ねた二人だが、椿の口から出た「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」という言葉に凍りつく。憎しみに囚われている椿の本当の心はどこに!? “七桜の母”を名乗る人物も現れて混乱する七桜を、椿はある部屋に閉じ込めてしまう!!

この作品をシェアする

閉じる
開く

この本を通常価格で購入する

550円(税込)

PayPayポイント0円相当

無料・試し読み増量・話 ほか2件