【完結済み】どこか遠くの話をしよう 上

どこか遠くの話をしよう

完結

著者:須藤真澄

759円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

そこは、どこまでも青空が続く、南米の緑豊かな山岳の村。不思議な“能力”を持つ少女チロ。彼女はこの世界が途方もなく広く、深く、優しいことを、まだ知らない。『庭先』シリーズ、『ゆず』、『長い長いさんぽ』の須藤真澄が、満を持して贈るファンタジー長編作、いよいよ開幕!!

続きを読む
ページ数
185ページ
提供開始日
2017/03/25
連載誌/レーベル
ビームコミックス
出版社
KADOKAWA
ジャンル
青年マンガ
  • どこか遠くの話をしよう 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    どこか遠くの話をしよう 全 2 巻

    1,551円(税込)
    15pt獲得

レビュー

  • 2018/02/14Posted by ブクログ

    ちょっと遅くなりましたがレビューをば。

    いや期待を裏切らない秀作でした!
    ちょっとありがちな真相ではありましたが最後の閉じ方が素晴らしい!
    あそこからあの先を描いちゃだめですよね。
    流石、須藤先生で...

    続きを読む
  • 2018/01/29匿名
    泣けます

    少女とおじさんの話かな?と読んだけど、
    内容が深い・・・。
    おじさんに感情移入してしまって、泣けてきます。
    読み終わっても最初から読みたくなる作品です。

  • 2017/04/04Posted by ブクログ

    SF(少し不思議)漫画を描かせたらトップクラスの実力派 須藤先生の新作。

    中盤くらいまでは「異国で行き倒れた記憶喪失のおじさんと物と会話のできる現地の少女」の物語という感じで淡々と進むのですが......

    続きを読む
開く

セーフモード