理化学研究所 100年目の巨大研究機関

山根一眞

1,034円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    113番元素だけじゃない、スパコンからバイオ、脳科学まで、幅広い研究で基礎科学を支える日本最大の研究所「理研」。1917年(大正6年)に設立され、100年目を迎える今では450の研究室、3000人の研究者を擁し、全国に研究施設を持つ。ノンフィクション作家・山根一眞がつぶさに研究現場を訪ね歩き、今いったいどんな研究が行われ、研究者たちは何を目指しているのか、その全貌を明らかにします。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/06/11Posted by ブクログ

      スパコンの京(けい)であるとか、STAP細胞であるとか。その程度しか認識がなかったのが本当に申し訳なく思います。
      450の研究室、3500人の第一線の研究者を有し、100年の歴史を持つわが国最大で最高...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/03/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/04/07Posted by ブクログ

      日本を代表する巨大研究機関、理化学研究所。113番元素の発見を認められニホニウムとの命名が認められたことや、IPS細胞を使用した眼科治療が始まった事、スパコンの「京」など、様々な分野で最先端の研究が進...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001729826","price":"1034"}]

    セーフモード