【最新刊】うちの執事に願ったならば 8

うちの執事に願ったならば

8冊

著者:高里椎奈

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    烏丸家に届いた2通の書留と普通郵便。手紙の束を確認しようとした矢先、応接間からベルが鳴った。花穎だと思い駆けつけた衣更月だが、そこには誰もいなかった。気の所為かと作業室に戻ると、たしかに机の上に置いておいた書留が1通なくなっていた。短い時間の中で消えた手紙は誰が何のために持ち去ったのか。犯人は屋敷の中に――。大人気、上流階級ミステリ!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/12/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • うちの執事に願ったならば 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      うちの執事に願ったならば 全 8 巻

      4,752円(税込)
      47pt獲得

    レビュー

    3.7
    18
    5
    5
    4
    3
    3
    10
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      花穎が普通に友達と過ごそうとしているだけで微笑ましい。
      石漱くんと仲良くなっていく様にニヤける(笑)

      そして相変わらず衣更月は有能すぎて…
      おそらく何かしらかしてると思ったけど、やっぱり。
      ツイッタ...

      続きを読む
    • 2019/10/03Posted by ブクログ

      若い当主と執事シリーズ。
      前作で誤解から、当主としての自信を失くしてしまった花穎が、当主としての自覚をさらに高めようとよりらしく考え行動しようとする様が描かれている。
      大学で不思議な騒動が起こったり、...

      続きを読む
    • 2019/01/22Posted by ブクログ

      第2章終わりか!?
      最後の話がめっちゃ面白かった〜!
      規模でっかかったなぁ
      いや〜、続き早くでないかなぁ

    開く

    セーフモード