我らがパラダイス

林真理子

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    細川邦子(48)は兄・三樹男(53)に憤っている。父・滋(82)の面倒をみるというから、兄夫婦に実家を明け渡したのに、父のぼけがはじまった途端、兄嫁・登喜子(56)が家出をしたというのだ。嫁にガツンと言えない頼りない兄に父を任せるわけにいかない……期せずして、邦子の介護の日々が始まった。田代朝子(54)は看護師の仕事を辞し、寝たきりの母・チヅ(78)の介護中。そこに、リストラされた弟・慎一(53)が転がり込んできた。職探しもしない弟のために家計は逼迫、朝子は広尾にある高級介護付きマンション「セブンスター・タウン」で働きはじめる。丹羽さつき(52)はセブンスター・タウンの従業員。80間近の父・貢と、母・ヨシ子はともに元気で、周囲にうらやましがられるほどだったが、父にがんが見つかり、闘病むなしく死去。母の老いもにわかに進み、さつきの平穏な日々は終わりを告げた……。坂道を転げ落ちるように悪化する父の認知症。より時給のいいパートを探し、セブンスター・タウンで働きはじめた邦子が目にしたのは、入居費8000万円をやすやすと支払い、ホテル並みの施設で悠々と暮らす豊かな老人たち。母を手頃な施設に入れることに決めた朝子も、老いた母と困窮していくさつきも、自らの状況と、セブンスター・タウンの住人たちとの「格差」に愕然とする。いつしか3人は力を合わせ、親を空き部屋に住まわせたり、ぼけた入居者と自分の親をすりかえたり、それぞれの危機を乗り越えるため、一世一代の「計画」を企てる! はたして「貧者の逆転劇」の結末は?

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/11/23Posted by ブクログ

      介護について、リアルな事がたくさん描かれていて勉強になった。
      しかし後半のドタバタはいかにも小説で、とても面白くあっという間に読んでしまった。近い将来読み返したい。

    • 2019/11/29Posted by ブクログ

      さすが林真理子。
      暗くなりがちな介護の話もこんなに明るく面白く扱えるなんて凄い!
      この後続きがありそうな終わり方が楽しみ。

    • 2017/11/11Posted by ブクログ

      ルンルンを買ってお家に帰っていた林さんも
      とうとう介護小説を書く様になられたのですね。
      根っからの恋愛小説家だと思っていた林さんだったけれど、ムムム・・・これは面白い。
      これからは老人・介護問題小説家...

      続きを読む
    開く

    セーフモード