十二月八日の幻影

直原冬明

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    帝国海軍少尉の潮田は、類い希なる記憶力を見込まれ、切れ者の少佐・渡海の指名により特別班に仮配属となる。命じられたのは防諜。予想外の任務に反発しながらも、徐々にその重要性を自覚する潮田。そして、たったふたりの戦いは真珠湾急襲作戦を巡る熾烈な攻防へ突入する! ミステリーとスパイ・サスペンスの融合が見事に結実した第18回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/03/13Posted by ブクログ

      潮田少尉が悪い男(渡海少佐)に良いようにあしらわれるチョロインにしか見えなくて途中で何度も脱力してしまった…いえ、お話はとっても面白かったです。が、潮田少尉はチョロインだと思いました(真顔)

    [{"item_id":"A001729565","price":"715"}]

    セーフモード