実践 行動経済学

著:リチャード・セイラー 著:キャス・サンスティーン 訳:遠藤真美

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    賢く選び、より良く生きたいあなたをサポート!そんな新たな経済学の登場。なぜ貯金がたまらないのか?どんなローンが得なのだろう?賢い投資法とは?――ダイエット・禁煙から、お金にまつわる種々の問題まで、人生は難しい選択に満ちている。本書のテーマ「ナッジ」(NUDGE)は、「ヒジで軽く相手をつつくように」、適切な選択を促したり、危険を回避させるしぐさである。この心優しい“ナッジの経済学”の目的は、ごくごく平凡な人々を幸福へ向けて後押しすることにある。さらには、国民を不幸にしない公的保険制度のあり方、あるべき環境・省エネ政策の輪郭をも提示する。「使える行動経済学」の全米ベストセラー。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/09Posted by ブクログ

      ・アニマルスピリットはマクロ系の印象 この本はミクロ系の印象が強い
      ・フレーミング + 損失回避 →日本破綻説とかも同様か?(恐怖で不要な物を買わせる)
        a)省エネ対策すると、年間350ドル節約で...

      続きを読む
    • 2010/11/20Posted by ブクログ

      結構、誘導されて物事決めてるかも。何かを決断する際、よく考えて判断してると思いきや、些細なことに影響されているということ。でも怖い話ではなく、ちょいとしたこと、ナッジをするだけでみんながいい方向にいく...

      続きを読む
    • 2010/10/03Posted by ブクログ

      お勧め。
      実験経済学でも、人々の行動のほとんどは積極的な選択の結果ではなく、習慣によって自動的に決まることが確かめられている。人々がそれを変えて意識的に選択するのは、今までの習慣ではうまく行かない新し...

      続きを読む
    開く

    セーフモード