【最新刊】動画配信ビジネス調査報告書2016

動画配信ビジネス調査報告書2016

1冊

森田秀一/インプレス総合研究所

74,800円(税込)
1%獲得

748pt(1%)内訳を見る

    2015年度は世界最大手Netflixの参入や、Amazonによるプライム会員向け映像配信サービス「プライム・ビデオ」の開始など大きな動きがありました。一方で、事業提携を含めた各社の取り組みも活発化しています。民放テレビ5局は見逃し番組配信ポータルサイト「TVer」を開始し、テレビ朝日とサイバーエージェントによる無料ネットテレビ局「AbemaTV」開局など新しいサービスが開始されています。このように動画配信ビジネス市場全体が盛り上がりを見せており、今後動画配信ビジネスが本格的に拡大することが予想されます。本調査報告書では、動画配信ビジネスに関して、その最新概況や業界構造、ビジネスモデルや収益モデルなどについて徹底分析するほか、国内・海外の注目すべき事業者の概要と戦略をそれぞれ解説し、今後の動画配信ビジネスを展望しています。■本書のポイント1. 最新概況や業界構造、ビジネスモデル、収益モデルなどについて徹底分析2. 45の国内・海外の注目すべき動画配信サービスの概要も個票形式で紹介3. 「有料動画配信サービスの利用率と非利用者の意向調査」と「有料動画配信サービス利用者の利用状況調査」を掲載4. 利用動向調査データ結果の集計結果(Excel形式データ)を収録

    続きを読む
    ページ数
    307ページ
    提供開始日
    2017/03/22
    連載誌/レーベル
    調査報告書
    出版社
    インプレス
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード