たとえ明日、世界が滅びても今日、僕はリンゴの木を植える

瀧森古都

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    デビュー作からいきなりシリーズ20万部を超えるベストセラーとなった『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』とその続編『孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと』に続く、瀧森古都、待望の最新作。【あらすじ】とある雪の日、ショッピングモールの屋上から、ひとりの少女が飛び降りようとしていた。その様子に気づき、とっさに少女を助けたのは、関西弁のインド人「オム」と笑わないピエロ「修二」。二十代半ばの二人は、屋上で開催されるイベントに、パフォーマーとして呼ばれていた。彼らによって少女の命は救われたものの、その瞬間、オムと修二の運命の歯車は動き出してしまう。飛び降りようとしていた少女の持ち物は、紙に包まれた一万円札。こんな大金をどうして持っているのか、修二は少女に聞いた。すると少女は、母親から「これでしばらく暮らしなさい」と言われたという。修二は確信した。そして、その確信を言葉にして少女に伝える。「君、捨てられたんだよ」実は、修二にも同じ過去があった。二十五年前、産まれてすぐの修二は、公園の草の茂みに捨てられた子どもだったのだ。悲しい共感を抱く修二に、少女は一枚の写真を差し出した。その写真に写っていたのは……三年前のピエロ姿の修二。しかし、修二と少女が会ったのは、この日が初めて……。いったい、少女はなぜ修二の写真を持っていたのだろうか。そのヒントとなるのは、一万円を包んでいた「紙」に隠されていた。若くして日本へ来たオムと、心に闇を抱える笑わないピエロの修二が、ひとりの少女との出会いにより、人生のシナリオと向き合うこととなる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/11/16Posted by ブクログ

      子供の頃や、大人になってからも、
      生きていく中で、自分の努力や力ではどうにもならないことがあって。
      心が折れそうになることも、すべて投げ出したくなることもあって。

      それでも今ままで生きているのも、悪...

      続きを読む
    • 2017/04/13Posted by ブクログ

      『自信』これだけは誰にも負けないと思える何かがあれば、ほんの少しだけ人は強くなれるのかもしれない。

      過去はどうもがいても変えることはできない
      今変えなければいけないのは明日という現実

      アンパンマ...

      続きを読む
    • 2020/05/04Posted by ブクログ

      このタイトルってだれの言葉だったっけ?と検索してみたところ、ドイツの宗教改革者、ルターの言葉とのこと。映画『感染列島』の中でも使われていてとても印象的で、タイトルに惹かれて手に取りました。過去が重く複...

      続きを読む
    開く

    セーフモード