【最新刊】時間のないホテル

時間のないホテル

1冊

著:ウィル・ワイルズ 訳:茂木健

2,399円(税込)
1%獲得

23pt(1%)内訳を見る

    ホテル〈ウェイ・イン〉は快適だ。広大な空間と最新の設備をもち、完璧なサービスを提供する。ビジネスマンのぼくは、大規模見本市でやや後ろめたい仕事をこなしながら、客室と会場を行き来する充実した三日間を過ごすはずだった。赤毛の女から、このホテルにまつわる奇妙な秘密を囁かれるまでは……。本邦初紹介の鬼才が、巨大建築物に潜む“魔”をかつてない筆致で描き上げたJ・G・バラード+スティーヴン・キング+ラヴクラフトともいうべき幻想SF!/解説=若島正

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/21
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    10
    5
    3
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      『SFが読みたい』で評判良さそうなので手にとってみた。著者自らが本作を「J・G・バラードが書き直した『シャイニング』」と言い表している。\nJ・G・バラードを読んだことがなんだけど、「いやいや、なんで...

      続きを読む
    • 2018/12/03Posted by ブクログ

      最初から最後まで、
      文章が全て映像で頭の中に入ってくる感じでした。
      この本を読み終わっても
      私はやっぱりホテルが好きです。

    • 2018/10/10Posted by ブクログ

       これは何の話なの? と聞かれたら、どうこたえてよいのか悩むタイプの小説。ホテルに泊まった時、あるいは見知らぬ大きな建物に初めて足を踏み入れた時。この廊下がどこまで続くのだろうと感じたことはないだろう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード