犬夜叉 26巻

高橋留美子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話/白霊山の結界▼第2話/蛮骨▼第3話/激突▼第4話/聖域の境目▼第5話/撤退▼第6話/蛮竜の傷▼第7話/聖島▼第8話/結界の中心▼第9話/独鈷▼第10話/即身仏●主な登場人物/犬夜叉(いぬやしゃ。妖怪の父、人間の母を持つ半妖の少年。桔梗がかけた封印をかごめに解かれ甦った。かごめと一緒に四魂の玉を探している)、かごめ(神社の娘で、中学3年生。現代と戦国時代を祠の井戸を通じて行き来している)、弥勒(みろく。法力を持つ謎の法師。右手に何でも吸い込む風穴を持つが、これには奈落の呪いが…)、珊瑚(さんご。妖怪退治を生業とする家の娘。奈落の策略で家族を失い、犬夜叉と共に旅をしている)、七宝(狐の妖怪の息子。小さいがたくさんの技を持っている)●あらすじ/白霊山へやって来た犬夜叉たち。この山には、邪なものや妖気を片っ端から浄化する、強力な結界が張られている。この聖域の結界を利用して、奈落が身を隠しているかもしれないと思った犬夜叉たちだったが、果たして…!?(第1話)●本巻の特徴/蛮骨を頭目とする七人隊と、鋼牙を含む犬夜叉たち一行が対決。犬夜叉は鉄砕牙を、蛮骨は蛮竜を使い、死闘が繰り広げられる。だが、なぜか途中で蛮骨は闘いを放棄し、犬夜叉たちの前から姿を消した。両者が向かう先は白霊山…そして、聖域で再び決闘が始まる。●その他の登場人物/奈落(野盗・鬼蜘蛛の邪心に多くの妖怪がとりついて生まれた妖怪。他の人間や妖怪を操って犬夜叉たちを襲い、四魂のかけらを狙う)、鋼牙(こうが。妖怪・妖狼族の若頭。足に四魂の玉のかけらを仕込んでいるので、めっぽう速い。かごめに惚れている)、蛮骨(元・七人の傭兵集団「七人隊」の頭目。「蛮竜」という大鉾を武器にする)、蛇骨(七人隊の切り込み隊長。一度は討伐されたが四魂のかけらを仕込まれ、墓から出てきた。曲がる刀「蛇骨刀」が武器)、琥珀(珊瑚の弟。今は七人隊の一員に?)、殺生丸(せっしょうまる。犬夜叉の異母兄。母も妖怪である完全な妖怪。半妖である犬夜叉を蔑み、鉄砕牙を狙っている)、桔梗(強力なパワーを持つ巫女。犬夜叉を封印したあと、死んだはずだったが…)

続きを読む
  • 犬夜叉 全 56 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    犬夜叉 全 56 巻

    25,872円(税込)
    258pt獲得

レビュー

  • 2006/03/22Posted by ブクログ

    るーみっくに目覚めたきっかけですね。
    面白そうだな〜と手に取ったらぞっこんハマってしまってv
    アニメ化もされたんですが・・・最終回はなんか無理やりっぽくて気にいらなか(黙

  • 2017/04/23Posted by ブクログ

    ほんと、犬夜叉、かごめ、桔梗の三角関係最高だ。またそれを、弥勒様が「お前と桔梗の雰囲気が怪しすぎる」と適確に指摘するのがいい。殺生丸様もちょこちょこ奈落の件に関わってくれて嬉しい。

  • ネタバレ
    2017/05/10Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
[{"item_id":"A001728423","price":"462"}]

セーフモード