時間の言語学 ──メタファーから読みとく

瀬戸賢一

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    時間は抽象なので、私たちが時間を認識するとき、なにかに「見立て」るしかない。この「見立て」つまりメタファーを分析することで、“時間”を具体的に意識化することができる。近代において最も強固な「見立て」は〈時は金なり〉のメタファー。コーパスや、具体的なテキスト(「吾輩は猫である」「モモ」等)を探り、私たちが縛られているさまざまな時間のメタファーを明らかにした上で、新しい時間概念(「時間は命」)を模索したい。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード