よるのふくらみ(新潮文庫)

窪美澄

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    同じ商店街で幼なじみとして育ったみひろと、圭祐、裕太の兄弟。圭祐と同棲しているみひろは、長い間セックスがないことに悩み、そんな自分に嫌悪感を抱いていた。みひろに惹かれている弟の裕太は、二人がうまくいっていないことに感づいていたが――。抑えきれない衝動、忘れられない記憶、断ち切れない恋情。交錯する三人の想いと、熱を孕んだ欲望とが溶け合う、究極の恋愛小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード