【合本版】おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 全11巻

著者:葉村哲 イラスト:ほんたにかなえ

6,890円(税込)
ポイント 68pt

通常ポイント:68pt

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

荒谷学園第三旧校舎、古い木造建ての一階にあるゲーム同好会部室。白崎宗司は孤高の美少女、森塚一乃と放課後のときを過ごす。ちょっぴり電波ちゃんな一乃との出会いは約一月前、宗司は一乃の秘密を握った。「契約をしましょう。あなたには私をあげるわ――だから」だから、一緒にゲーム同好会を立ち上げたのだった。何が起こるでもない平和な日々(しかもゲームしてない)。いや、何も起きていないというのはただの勘違いで、とんでもないことが起こっているのかも! 冷たい外見とは裏腹に、心は苛烈な炎のような一乃と実は誰よりも非日常を生きる宗司。二人の行く末は……世界の終わり!? 葉村哲が贈る、新感覚ラブコメディ……、のようなもの、登場!※本作品は『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌』シリーズ全11巻を収録しています。※本商品は1冊に全巻を収録した合本形式での配信となります。あらかじめご了承ください。

続きを読む

レビュー

3.2
11
5
1
4
3
3
5
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/08Posted by ブクログ

    天川さんと材料は同じなのだが
    ヒロインが自覚的にぼける(マサルさんとジャガーの違いみたいな)という
    味付けの違いがわりとひかるかもしれない
    がこれ以上面白くなりようもない気がしないでもない

  • 2017/02/10Posted by ブクログ

    ゲーム同好会にて、のんびりと放課後を過ごしている彼ら。
    彼らのゲームは…ちょっと、いやかなり危険なもの。

    さっぱり分かりません。
    彼らが異能を持っている、のは最後に理解できたのですが
    だからどう繋が...

    続きを読む
  • 2013/03/28Posted by ブクログ

    前作の否定公式が良かったので買ったら…
    厨二をネタにしたラブコメをやりながらも本物の厨二シリアス展開を少し含む
    何を言っているかわからねーと思うが(ry

    キリカさんがかわいい

もっと見る

セーフモード