【最新刊】装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~

装幀室のおしごと。

2冊

著者:範乃秋晴

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社の合併によりコンビで仕事をすることになった本好きの装幀家・わらべと、売り上げ至上主義で本の内容は気にしない巻島。二人に任された次なる仕事には、ふたつの“探し物”が絡んでいた。幼い日、演奏で自分を救ってくれた名も知れぬ恩人に自分の出す自伝を届け、再び会ってお礼が言いたい盲目のヴァイオリニストからの依頼。人気作家の装画を任せる、新人イラストレーターを探す装画コンペの審査員。『装幀室』で巻き起こるドラマ、全二篇をお届けします。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 装幀室のおしごと。 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      装幀室のおしごと。 全 2 巻

      1,430円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    3.2
    25
    5
    4
    4
    3
    3
    14
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/27Posted by ブクログ

      原稿を読まずに、売れる本の装丁を作る巻島さん。

      本のジャケットで買っちゃうって言うのもわかるけど、原稿を読んでそれに合った装丁をデザインしたいって言うわらべさんの主張も分かるー!

    • 2020/01/23Posted by ブクログ

      出版社が合併した事により、会社の内部は混乱中。
      とりあえず暫くは、ペアを組んで仕事をする事に。

      本大好きな主人公と組む事になったのは
      一切読まない男性という、正反対の人物。
      なのに、隙をついては、本...

      続きを読む
    • 2019/06/07Posted by ブクログ

      「光をなくした目に、見えた音」
      自分を助けてくれた音楽を求め。
      記憶もあやふやなのに、何億という人の中からたった一人の恩人を著書で探すなど無謀過ぎるだろう。
      親の目からしたら、いつまで経っても子は子の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード