【最新刊】黎明に起つ<文庫版>

黎明に起つ<文庫版>

伊東潤

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新しい時代の黎明を呼んだ男、北条早雲―― 時は室町末期。 誰もが己と子孫の繁栄だけを願い、権力を得ようとしたために起こった応仁の乱。 戦乱に巻き込まれた伊勢新九郎盛時(のちの早雲)は、大切な家族や仲間たちを失ってしまう。「世の中を刷新し、『民のための世』を築きたい。」そう願った早雲は、故郷を捨て都を離れ、早雲庵宗瑞と名を変え生まれ変わった。新天地・関東から変革の波を起こし、未だ蔓延る旧勢力と戦い続ける。果たして彼の望む平穏な世は訪れるのか… 最新の研究成果を踏まえ、実像に近い北条早雲像を描いた伊東潤の長編歴史小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/15
    出版社
    コルク
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3.2
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/23Posted by ブクログ

      伊勢新九郎盛時、いわゆる北条早雲を主人公とした物語。

      下剋上の象徴として挙げられているが、名こそ知れども、
      実際にどういう人物だったのかわかっておらず、
      それを少しでも知りたくて、本書を手に取った。...

      続きを読む
    • 2018/02/20Posted by ブクログ

      北条早雲のお話し。
      激動の国取り合戦!室町時代。
      人物の名前も難しいしたくさんの人がややこしく登場するから読解が大変だったけど、武士は自らのため、国のためと戦うけど早雲は民が幸せになる世 楽土を作り...

      続きを読む
    • 2018/05/04Posted by ブクログ

      戦国時代初期の北条早雲の国盗りを描いた作品。搾取する旧守勢力を憎み、伊勢新九郎(後の早雲)は民を主とする政治を目指す。

    開く

    セーフモード