【最新刊】ナマの京都

ナマの京都

著者:グレゴリ青山

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バックパッカーで人気の作家グレゴリ青山さんの初の京都本。意外にしられていませんが、京都生まれの京都育ちなのです。今人気の壬生寺で幼稚園の頃遊び、料亭でのバイト、女将のいけず、京都人の普段の食べ物…などなど、えーっそうなの~??? とびっくりしながら、笑いながら読む1冊です。

    続きを読む
    ページ数
    130ページ
    提供開始日
    2017/03/21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    女性マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      京都出身の漫画家(?)グレゴリ青山さん。

      偶然見かけて初めて手に取ったこの本

      コミックエッセイ?というのかな?

      京都周辺に住んでいる方にはまさにツボ!どツボな内容

      夜中に読んでて一人で大爆笑し...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      日本の独立国とも呼ばれる「京都」。フツーの観光案内とはひと味違って、タイトル通り「ナマの京都」を紹介している。脱力系のイラストが、よけいに可笑しさを増す。本書は、日々京都のいけずの荒波にもまれて暮らす...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      まさに京都に住むと実感するアレコレ。「しぶちん京都」もセットで読むことをオススメします。これらを知ると京都は倍楽しめます。

    開く

    セーフモード