【最新刊】江戸の性事情

江戸の性事情

著:永井義男

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代、「密通」を不倫と解釈している人が多いが、江戸時代においてはその定義は厳格で、正式な婚姻関係にない男女の性行為はすべて密通だった。 しかも、密通に対する処罰はきびしかった。多くの場合、死刑になった。 ただし、これはあくまで建前である。 密通を町奉行に訴え出る人はほとんどいなかった。 そのため、多くの男女は平気で密通を享楽していた。 江戸時代の武士の妻はみな貞淑だったと信じている人は多い。 「武士の妻はつねに懐剣をふところに忍ばせており、操が守れないような状況になれば喉を突いて自害した。」などと解説した本すらある。 しかし、実態はかなり異なり、武士の妻にも密通は少なくなかった。 (本文より)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/10

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード